力士

朝青龍の甥っ子が豊昇龍(ほうしょうりゅう)の四股名で相撲界に!名前の由来は?

元横綱・朝青龍の甥っ子が、相撲界にデビューしました!

顔つきや体つきも、朝青龍にとても良く似ていて、入門間もないですが、その身体能力の高さや、相撲っぷりまで似ている!と、注目を集めています!

さて、どんな方なのでしょうか?

ご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

朝青龍にそっくりな甥っ子が相撲界デビュー!


出典:時事通信社     

朝青龍といえば幕内優勝25回を誇る、68代横綱ですね!

朝青龍こと、ドルゴルスレンギーン・ダクワドルジさん(37才)は、現在、モンゴルを拠点に実業家、タレント、評論家など、幅広く活躍しています!(平成30年8月現在)

現役時代、朝青龍はその圧倒的な強さも印象深い力士でしたが、何と言っても、土俵外でも角界一のお騒がせぶりで、世間を賑わせましたね!

怪我で巡業を休場中に、帰郷していたモンゴルでサッカーをしていて謹慎になったこともありました。

最後は、暴力事件を引き金に横綱審議委員会から「引退勧告」を受け、平成22年2月4日に引退することになってしまった…という、やんちゃな横綱でした!

そんな個性あふれた朝青龍の甥っ子が相撲界に入門し、話題も人気も集め始めているのです!

どんな人なのでしょうか?

 


出典:報知新聞

【プロフィール】

  • 四股名:豊昇龍 智勝(ほうしょうりゅう・ともかつ)
  • 本 名:スガラグチャー・ビャンバスレン
  • 生年月日:平成11年5月22日(19才)
  • 出身地:モンゴル・ウランバートル市
  • 身 長:185㎝
  • 体 重:107㎏
  • 所属部屋:立浪部屋

(平成30年8月現在)

 

朝青龍の甥っ子ビャンバスレンさんは、朝青龍の長兄、スガラグチャーさん(47才)の息子さんなんです!

朝青龍と似てませんか?

似てますよね!笑

特に笑顔が似ている感じがします!

本人はよく周囲の人たちから、「目が似てる」と言われるそうですよ!

そんな、ビャンバスレンさんは、どんな経緯で相撲界に入ってきたのでしょうか?

 

モンゴルからレスリング留学で日本へ!

ビャンバスレン少年は、父と母、兄と弟の5人家族の中で育ちました。

11才の頃からレスリングを始め、レスリングの選手としてモンゴルの中等教育を卒業しました。

卒業後、日本の日本体育大学柏高校から、レスリングの選手としてスカウトを受けモンゴルから留学し、日本での生活が始まりました!

高校1年の5月に、授業の一環として国技館に相撲を見に行ったことがきっかけで、「自分は相撲がやりたい!」とレスリング部から相撲部に転向したんです!

叔父さんの朝青龍にも相談し、始めは驚かれたそうですが、すぐに賛成してくれたんだとか!

相撲経験もまったく無くスタートしたのですが、3年のインターハイ個人では準優勝、国体少年の部個人では3位と、驚くようなスピードでその潜在能力や身体能力の高さを、見せていったのです。

やはり、血は争えない!ということなのでしょうか?

スポンサードリンク

豊昇龍の四股名の由来は?


出典:朝日新聞

豊昇龍という四股名は、どのような想いが込められてつけられたものなのでしょうか?

  • 師匠の立浪親方の現役時代の四股名・旭豊から「豊」。
  • 叔父の元横綱・朝青龍から「龍」。
  • 朝青龍の「しょうりゅう」をそのまま入れることにしたが、師匠の案で、青(しょう)の文字を、「昇」(しょう)に。

 

このような経緯で「豊昇龍」という四股名がつけられました!

初め本人は、「ほうしょうりゅう」という音を聞いて、叔父さんと同じ「しょうりゅう」は「青龍」だと思ったそうなのですが、親方から「もっといい文字がある!」という話を受け、上昇の意味のある「昇」という文字にしてもらい、とても気に入っているそうですよ!

ニックネームは本名から「ビャンバ」だそうなので、朝青龍のニックネーム「ドルジ」と同じくらい、皆に定着して愛されたらいいですね!

 

叔父の朝青龍からのアドバイスとは?


出典:デイリースポーツ

豊昇龍は入門前から相撲界に入ってからも、叔父の朝青龍とはメールや電話でよくやりとりをして、相談に乗ってもらったりしているそうですよ!

「自分の力で強くなれ!引いてはダメ!」

「急に太ってはダメ!怪我をするから」

など、色々な細かなアドバイスを受けているそうです。

朝青龍は現役横綱の時は、身長184㎝、体重154㎏くらいでしたが、入門時は豊昇龍と同じく100㎏そこそこの体で、稽古をしながら徐々に体を大きくしていったので、現在107㎏の豊昇龍も、そのアドバイスに従ってしっかりと筋肉質の体を作っていくのでしょうね!

豊昇龍の骨格や土俵内での動きなどが、すでに朝青龍に似ているなと思うところもあり、足腰の良さやバネのある投げの強さなど、人を惹きつける相撲っぷりも、似てきているかもしれませんね!


出典:サンケイスポーツ

まだ入門して日が浅いですが、デビューから2場所目の平成30年5月には序二段で優勝を果たし、優勝インタビューの時には、朝青龍の四股名の入った浴衣を着て、流暢な日本語で喜びを答えていました!

その後も着実に番付を昇っていっていますよ!

豊昇龍はこれからの目標として「叔父さんみたいに一番上、横綱になりたい!」と力強い抱負を話していました!

それに対し朝青龍からのアドバイスは、

「強くなるには、親方の言うことをちゃんと聞きなさい!」

だったとか!笑

現役時代、一番親方の言うことを聞かずに騒動を起こしていた、やんちゃ横綱の朝青龍には、あなたが言うことかぁぁ~っ!!と突っ込みを入れたいところですが。笑

まぁ、この感じが、朝青龍が何とも憎めない、かわいいお人柄なところなんですけどね!

豊昇龍さんにおかれましては、叔父さんのいいところを受け継ぎ、やんちゃはおさえめで頑張って下さい!笑

豊昇龍はとても有望な力士だと思います!

アッという間に番付を駆け上がって行くと思いますよ。

是非これから、豊昇龍に注目してみて下さいね!

 

【相撲界での主な履歴】

  • 平成29年11月 初土俵
  • 平成30年3月 序ノ口(興行ビザの関係で、初土俵から1場所遅れてデビューは3月に)
  • 平成30年5月 序二段優勝
  • 平成30年7月 三段目 6-1
  • 平成31年1月 幕下21枚目

(平成31年1月現在)

 

【関連記事】

↓朝青龍の甥っ子、豊昇龍の取組結果【平成31年1月】戦績まとめ!

朝青龍の甥っ子、豊昇龍の取組結果【平成31年1月】戦績まとめ!

スポンサードリンク